平成29年10月1日更新

住宅 TOP会社の取り組み > 丸屋のWLB活動

title

ワーク・ライフ・バランスとは?

ワーク・ライフ・バランスとは

働いている人々がそれぞれの能力や個性を十分に発揮でき、仕事も生活もともに充実していると感じられることを言います。
滋賀県では「子育てしやすい職場」「男女が共に働きやすい職場」など

ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた職場づくりに取り組む企業を登録する

「滋賀県ワーク・ライフ・バランス推進企業登録制度」を設けており、弊社もその登録企業です。

行動計画期間

平成27年10月1日~平成31年9月30日まで  の4年間

maruyaのワーク・ライフ・バランス推進活動

社員が仕事と子育てあるいは介護を両立させることができ、社員全員がその能力を十分に発揮できるよう職場環境を整えます。
また会社が地域の一員として次世代育成支援に貢献することにより、企業イメージの向上を図るため、行動計画を策定しています。
以下の行動計画を達成していくことで、子育てサポート企業の証である「くるみん認定」取得を目指しています。

■ 主に育児をしている社員を対象とする取組み

目標1 : 3歳から小学校入学前の子を養育する社員に対する、「所定労働の制限に関する制度」を導入する。

目標2 : 全社員に対し、育児・介護休業制度についての周知及び休業中の待遇、休業後の労働条件に関する事項についての周知を図る。

目標3 : 子の育児・看護のための休暇について、1時間を単位とする取得を可能とする措置を実施する。

目標4 : 3歳から小学校入学前の子を養育する社員に対する、「育児短時間勤務制度」を導入する。

img

■ 育児をしていない社員も含めて対象とする取組み

目標5 : 現場で働く社員の有給休暇の取得促進を図るため、これに向けての具体的な取り組みを社員に周知する。

img

■ その他の次世代育成支援制度の取組み

目標6 : 地域の中学校や高校、大学と連携し、計画期間中、最低1回は子供の職場体験学習を受け入れ、学習機会を提供する。

img

ページTOPへ