住宅 TOPmaruyaの家づくりイノスの家 > wa:bi(わび)

wa:bi (わび)

”ニッポンの家たち”が、わたしたちに大切なことを教えてくれる。

数奇屋造りの家、藁葺き屋根の民家や農家、
うなぎの寝床みたいな細長い京の町家などなど・・・。

これら”ニッポンの家たち”はいずれも、この国の美しい四季や、
木を材料とした家づくりや、履物を脱いで座って暮らすという生活スタイルなど、
日本ならではの環境や文化の中で、
長い時間と試行錯誤をへて、じっくりと育まれてきました。
いうなれば、この国の文化の知恵と美意識の結晶のようなもの。

現代の家も、同じように豊かな四季があるこの国に建ち、
履物を脱いで座って暮らすというスタイルも変わっていません。
では現代の家づくりも、この先達である”ニッポンの家たち”に学ばない手はない。

wa:biは”ニッポンの家たち”の知恵や美意識を取り入れた家。
文化に育まれたものを受け継いだから、わたしたち日本人になじみやすい、
心やすらぐ心地よさがある家です。

wa:bi(わび)
プラン例

障子が、空間の演出家。和の光をいっぱい感じられる家。

ダイニングから2階を見上げると、
そこは”障子の吹き抜け”とでも呼びたくなるような、
趣のある個性的な空間がひろがっている。

障子を通して、光や住む人の気配を感じあえる家。
掘り座卓のある和室や、L字型の縁側が和の優しい安らぎを与えてくれる。


wa:bi(わび) 参考プラン間取り

view1

掘り座卓がある和室は家族団らんの場所。
縁側の障子越しに、木漏れ日がさしこみ、
水鉢の水面のゆらめきなど、日々のうつろいを表情豊かに楽しめる。

大きな開口のあるダイニングでは、障子の開け閉めで視界の変化や、
大きく飛び込んでくる外の景色を楽しめる。

wa:bi(わび) 和室
wa:bi(わび) 吹き抜け空間
view2

趣たっぷりな吹き抜け空間。障子の開け閉めで、空間の表情を演出できる。
縁側とひと続きになっているダイニングは、
障子を開ければ開放的な空間に早変わり。


wa:bi (わび)」の他の参考プランを収録したカタログをご用意しております。


ページTOPへ