滋賀県の地盤改良工事・地盤調査なら、丸屋建設(滋賀県栗東市)へ

株式会社丸屋建設 株式会社丸屋建設

建築・土木 トップページ>地盤改良工事

軟弱地盤改良 ソイル締め固め工法

住宅建築も、地盤調査から

ソイル締め固め工法で地盤一新!軟弱な地盤が安定した地盤に生まれ変わります。

せっかくの新築住宅、まずは地盤調査をおすすめします。


地盤の強化、改良

ソイル締め固め工法の原理

オーガーを正転させると土を排除しながら掘り進める。
それならば、逆転させると土を地中に押し込むことができるだろう。
この発想のもと、オーガー頭部に荷重をかけ、逆転の状態で注入材(山砂等)を
投下したところ、 周囲に密度の高い強固な地層ができた上、
良質な地盤が形成された。 これが圧密工法の原点です。

施工順序

?穿孔開始 ?骨材投入 ?完了

使用機材・資材及び施工状況

地盤改良 状況写真

ソイル締め固め工法の特徴

無振動、低騒音で環境にやさしい

杭打機などの様な振動や騒音はありません。

施工期間が短い

3日〜7日程度の養成期間

広範囲での改良が可能

圧密部の水分が押し出されるため、
土圧分布がなだらかに変化し、広範囲の改良が可能。

狭い場所でも施工可能

使用機材がコンパクトであるため、施工場所が限定されない。

施工現場がきれい

薬品などを使用しないため、作業性も効率的に、
しかも施工現場もきれいに保たれます。

圧密工法による地盤改良の特徴

杭打工法

薬液注入工法

改良材による
地盤改良工法

圧密工法

経済性

安いが
圧密より高価

最も高価

高価(薬液より安価)

最も安価

環境への影響

少ない

地下水の汚染で使用が
抑制される場合がある

なし

騒音問題

工法により発生する

なし

なし

なし

振動問題

工法により発生する

なし

なし

なし

工期
(300?基準)

7日

10日

5日

3日


滋賀県の地盤改良に関するお問い合わせ・資料請求はこちら
お気軽にお問合せ下さい!

地盤改良のお問合せはこちら 地盤改良の資料請求はこちら

お急ぎの方はお電話で!
フリーダイアル0120-710908


このページのTOPへ丸屋サイトTOPへ